logo

Top news

アラジン 実写 アニメ

魔法のランプをこすったアラジンは、そのランプの中で暮らす魔人・ジーニーと知り合うことに。 名優ロビン・ウィリアムズさんが演じたジーニーは、本作から誕生したディズニー屈指の名キャラクターに! 常に陽気で愉快、分身や七変化もお手の物というジーニーのキャラクターは、様々な声を自在に操り、いつもエネルギッシュな姿が印象的だったロビン・ウィリアムズさんそのものでしたよね! ジーニーとロビン・ウィリアムズさんの魅力がたっぷり詰まった「Friend Like Me(フレンド・ライク・ミー(ボクは大親友))」は、魔法のランプを手に入れたということがどういうことなのか、イマイチ理解できていないアラジンに向けて、「俺みたいな友達は、絶対に他では手に入らないよ!」と自分の魅力を最大限にアピールするシーンで使用されている楽曲になります。 最初から最後まで休むことなく駆け抜ける、スピード感あふれる1曲なのですが、レコーディングは一発録りだったというから、驚きですよね!. アラビアン・ナイト/ Arabian Nights 2. オリジナル版公開から19年後、メンケンとライスが再びアラジンで仕事をすることになる。今回は舞台化、すなわちミュージカルとしての製作であった。 脚本にチャド・ベグリン、ケイシー・ニコロウが初演時の演出を担当。年にシアトルでの初演が行われたことを皮切りに2年後にはブロードウェイに進出。年には劇団四季により日本国内でも上演され、各国で高い評価を得ている。 メンケンによる新曲も多数用意されている。舞台版ではアラジンが亡くなった母親を想うシーンが追加されているため、アニメ版とはまた違う彼の魅力を発掘できるだろう。. 実写版で新たに追加されたジャスミンのソロソング「Speechless(スピーチレス~心の声~)」では、逆境にも負けず、力強く生きようとするジャスミンの姿を見ることができました。 アラジン 実写 アニメ 残念ながら、アニメ版ではジャスミンのソロソングは収録されておらず、ジャスミンの美しい歌声は、主題歌の「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド(新しい世界))」でしか聴くことができません。 しかし! 実は、劇場公開されずにお蔵入りとなってしまったジャスミンの未発表曲があったことを、みなさんはご存知でしたか? ズバリ、タイトルは「To アラジン 実写 アニメ Be Free(自由へ)」。 自身をカゴに閉じ込められた鳥にたとえたジャスミンが、「王女という地位やこの豪華な暮らしを投げ捨ててもいいから、自分で人生の選択ができる自由が欲しい」という願いを込めて歌う1曲となっています。 実は、映画のクライマックスでジーニーが自由になるシーンなどにおいて、ちらっとそのメロディーだけは聴くことができるのですが、ジャスミンの歌が入った完成版を映画館で聴くことは叶いませんでした。 しかし、本場アメリカのディズニーランドで長年、現地ゲストからも愛されてきたミュージカルショー『Disney&39;s Aladdin: A Musical Spectacular』で、「To Be アラジン 実写 アニメ Free(自由へ)」のパフォーマンスを見ることができたのです! こちらのミュージカルは、年をもって惜しまれつつもその公演を終了しましたが、今もなお、ジャスミンの幻のソロソングは多くのアラジンファンによって愛され続けています♡. アニメ版と実写映画版の違いとしては、新キャラクター・ダリアにも触れておきたい。 ナシム・ペドラド演じるダリアはジャスミンの侍女であり、唯一心を許して話せる親友だ。アニメ版では虎のラジャーだけが親友だった。またアニメ版の主要キャラクターがジャスミンを除いて全て男性だったのに対し、本作では新たにダリアという魅力的な女性キャラクターが加えられた。 侍女と王女という立場でありながら、「恋バナ」を共有し、互いを助け合う2人はシスターフッドとも言うべき関係だ。ナオミ・スコットはハリウッド・レポーターのインタビューで「私たちはこの映画でジャスミンともう1人の女性との関係を見せて、『ああ、私が女友達といる時と一緒だ』とか『私たちも同じ立場だったらそうする』と思ってほしかった。それはアニメ版にはなかった要素だと思います」と語っている。. アバヨ、王子様 / Prince Ali (Reprise).

にアレンジした「One Jump Ahead (Reprise)(ひと足お先に(リプライズ))」は、アラジンが相棒のサル・アブーと暮らすあばら屋で歌われる1曲です。 「ドブネズミ」と呼ばれ、衛兵に追い回される毎日を送るアラジンが、「もっと僕をよく見てくれさえすれば、僕の中に何か価値あるものを見出してくれるはず」と、しっとりと、また力強く歌い上げる1曲に仕上がっています。 元の「One Jump Ahead」がコミカルで明るい曲調であった分、いつも明るく振る舞っているアラジンの悩みや葛藤を表すエモーショナルな雰囲気をまとった1曲となっています。. アニメ版アラジンと実写版アラジンには、大きく23個の違いがありました。 実写版には新しいキャラクターが登場していることで、いくつかの違いは創造できるかもしれませんね。. スピーチレス~心の声 (パート2) 10. プリンス・アリー / Prince Ali 13.

逃げ足なら負けない / One Jump Ahead 4. また本作では音楽にもアレンジが加えられている。 ランプの魔人ジーニーのおなじみの楽曲“フレンド・ライク・ミー”は、演じるウィル・スミスらしくヒップホップの要素を取り入れている。この曲が役作りにおいて重要な楽曲だったというスミスは「この音楽の奥底に、クラシックなヒップホップのビートを感じた時、『これぞ、自分の曲だ!』と感じられたんだ。そんなふうに、ヒップホップと遊んでいるうちに、ジーニーが生まれていったんだよ。“フレンド・ライク・ミー”を歌いながら、僕はジーニーを理解していったんだ!」と語る。エンドロールではDJキャレドをフィーチャーしたバージョンも使用されている。 名曲“ホール・ニュー・ワールド”は劇中のメナ・マスードとナオミ・スコットが歌う挿入歌だけでなく、元ワンダイレクションのゼインとジャヴァイア・ワードが歌うバージョンも。 日本語吹き替え版ではアラジンとジャスミンをそれぞれ演じる中村倫也、木下晴香の歌声を聴くことができる。 なお本日6月14日の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』ではアニメ版『アラジン』を放送。実写映画を見る前にオリジナルをおさらいする絶好の機会となっている。. アニメではちゃんと表現出来ていなかったシーンが実写ではとても良く表現出来ていたので、これはアニメ版アラジンを遥かに凌ぐ超大作品になっていたので、大変ビックリさせ. 古今東西、実写が、アニメ版を超えることは少ないですが、このアラジンの「実写版」は健闘していたと思います。 私が『アラジン』が好きなのは、ランプの魔人ジニーのキャラクターにほっこりさせられるからです。そのキャラクターをアニメ版と遜色なく演じていたのがウィル・スミスです。 アラジンとジャスミンの存在感が薄く映画を見終わってから「誰が主役?」と思ったのですが、エンドロールでジニーのウィル・スミスがトップだったので、ウィル・スミスが主役と考えると楽しめました。 それほど、存在感が大きくウィル・スミスが出てくるだけで、その場の空気が変わります。 ジニーのコミカルな軽快さや切なさが、実写で表現出来たのには感心しました。 自分の魔法が「うわべ」だけのものと説くところも説得力がありました。実写では、ウィル・スミスのエンターティメント性が存分に発揮されたのではないでしょうか。 実写でアラジンが王子になって登場するシーンが圧巻で、何回でも観たいです。絢爛豪華なパレードは、ディズニーのよさが凝縮されています。 アラジンがジニーに操られて踊るシーンもキレキレの今風のダンスで楽しかったです。 エキゾチック.

アニメの方のアラジンの声優、三木眞一郎さんだよ??スキ♥ — だんごむし J. 一足お先に (リプライズ) 4. 5月24日にアメリカ、そして6月7日に日本で公開される「アラジン」。 1992年に公開されたアニメーションがついに実写映画化されます!. いかがでしたか? アラジン 実写 アニメ 実写版の大ヒットを受け、その原作であるアニメ版『アラジン』を見直してみようとお考えの方もたくさんいらっしゃるはずです。 その際にはぜひ、名曲揃いのサウンドトラックの方もチェックしてみてくださいね♪.

. スピーチレス~心の声 (パート1) 5. 危険な冒険 / High Adventure 15.

砂漠の王国、アグラバー。この地に住む貧しくも心の清らかな青年、アラジンはいつか豪華な宮殿で暮らすことを夢見つつも、小猿のアブーと共に泥棒稼業で日々の生活をまかなっていた。ある日、婚約に嫌気が差し王宮を抜けだそうとしていた王女、ジャスミンが泥棒の濡れ衣を着せられ追われていたところを彼は助け出し、彼女と心を通わせる。 だがアラジンは王女誘拐の疑いを掛けられ、投獄されてしまう。実は王国支配を企むアグラバーの国務大臣、ジャファーの策略であり、入る者を厳しく吟味する魔法の洞窟へ入り、最深部に眠る「魔法のランプ」を手に入れるためにダイヤの原石となる者を探し求めていたのだ。 ジャファーの口車に乗せられ、魔法の洞窟へ足を踏み入れることになったアラジン。洞窟内で出会った魔法の絨毯の協力でランプを手に入れたものの、「ランプ以外の物を触ってはいけない」という掟をアブーがうっかり破ってしまったため洞窟が暴走、閉じ込められてしまう。 ランプがジャファーの手に渡るのは防げたものの、洞窟からは出られなくなったアラジン。彼がひょんなことからランプを擦ると、煙と共に青い姿の魔人、ジーニーが現れた. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter 今作のジーニーの声を演じたのは、アニメ版『アラジン』に引き続いて山寺宏一さん。「七色の声を持つ男」という異名があるほど、広域の声を特徴としています。ディズニー作品では、ジーニーの他にドナルドダックや『美女と野獣』の野獣、『リロ・アンド・スティッチ』のスティッチの声なども担当しています。その他にも数多くのアニメ作品の声優を担当し、日本を代表する名声優の1人とされています。 山寺さん自身ジーニー役に相当の思い入れがあるようで、「実写版ジーニーの吹き替えに選ばれなかったら声優をやめる」とまで言っていたそう。アニメ版との違いをインタビューされた時に「テンポが良くて吹き込むセリフが多くて大変だったが、ウィル・スミスが演じるジーニーと変わらないように、セリフが上手くハマるように意識した」と言っています。. オーヴァーチュア 2. 「アラジン実写版とアニメとの違いはこれ!実写と字幕人気はどちら?」として書いてきました! 実写映画にどうしても抵抗のある方も多いですが、 「美女と野獣」に続いてとても最高の映画になっていますので、 ぜひ劇場で見ることをお勧めします!. .

アニメ版が好きで、実写の映画を観たのですがやはり私は、「アニメ版」の方が名作だと思いました。 アニメ版には、身分違いのロマンスだけではなく強力なメッセージ性がありました。登場人物の感情表現もアニメ版の方が豊かで感情流入出来ます。 アラジンが友達ジーニーを思って自由にしてあげたり、愛するジャスミンの立場を思って身を引いたり. アニメに思い入れがある分、実写に辛口になってしまいましたが「実写版」としては成功していると思います。 「ディズニーランド」のワクワク感がが好きな人は、絶対に好きな映画だと思います。そして、これは、大画面で見る価値のある映画です。. 一足お先に (リプライズ2) 9. See full list on cinra. See full list on siborina. 『アラジン』と言えば、やはりこの曲を忘れてはなりません! 本作の主題歌である「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド(新しい世界))」は、アリ王子に扮したアラジンが魔法のじゅうたんと共に、ジャスミンを世界一周の空の旅に連れ出すシーンで歌われるディズニー名曲中の名曲♪ 1993年のアカデミー賞では歌曲賞を、そして翌年1994年のグラミー賞では、ディズニー初そして唯一の最優秀歌曲賞を受賞した最強ディズニーソングなんですよ! 「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド(新しい世界))」は、アラジンの歌唱部分の声を担当したブラッド・ケインさんと、同じくジャスミンの歌唱部分の声を担当したレア・サロンガさんによって歌われました。 レア・サロンガさんは、ミュージカル『ミス・サイゴン』のヒロイン・キム役のオリジナルキャストとして有名。 ディズニー映画『ムーラン』においても、主人公ムーランの歌唱部分の声を担当されています。 「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド(新しい世界))」のシーンには、映画を代表する名場面がたくさん登場しますが、中でも印象的なのがシーン終盤に描かれているリンゴのシーン。 そのシーンでは、魔法のじゅうたんに乗って訪れたギリシャで、アラジンが木になっているリンゴをもぎ取り、ジャスミンに投げ渡す様子が描かれています。 特徴的なリンゴの投げ方で、ジャスミンは「アリ王子=アラジン」ということを確信するわけですが、この「リンゴを投げて渡す」という行為に、実は深い意味が込められているんですよ! ズバリ、ギリシャでは、「リンゴを誰かに投げて渡す」という行為が「愛の告白」を意味します。 また、「投げられたリンゴをキャッチして受け取る」ことが、「自分も相手のことを愛している」という意味になるのです。 つまり、そんな風習のあるギリシャを舞台に、アラジンが投げたリンゴをキャッチして受け取るジャスミンの姿を描くことで、アラジンだけでなく、ジャスミンもまたアラジンに好意を持ち始めたということをさりげなく表しているのです♡ 名曲に彩られた名シーンには、細部にまでディズニーのこだわりが詰まっているのですね!. 、さすが、ディズニー!最高級の「水準」をぶち込んでいきます。吹き替え版も豪華な人選です。 また、アリ王子が象に乗って来るシーンがディズニーのパレード見てるみたいで、ディズニーランドに行きたくなってしまいます。(上手く刷り込んでいる).

Phone:(773) 677-5141 x 6346

Email: [email protected]